音声入力でブログを書いて執筆時間が早くなるのは特定の条件下だけ

音声入力を使ってブログを書いてみたのでその感想をまとめてみたいと思います。

 

音声入力でこのブログを書いているので、あえて構造的にせずに、見出しも付けずにストーリー的な文章で書いていきたいと思います。

 

ここ数年ぐらいでしょうか。ブロガーさん達の間でも「音声入力をしてみた!」と言うような声がいくつも上がっています。

 

その中で目立つのが「音声入力だとブログ執筆が早くできる」、「タイピングよりも早くブログ書ける」という音声入力を推奨するような記事が多い印象です。

 

しかし、ボクが音声入力を使った場合、タイピングに比べてブログ執筆が早くなることは正直ありませんでした。

 

音声入力だとブログが早く書けるのか?そうでは無いのか?を語るにあたって先に知っておくといいよと言うものを紹介します。

 

文章には2種類の文章があります。

 

  • ストーリーの文章
  • ストラクチャーの文章

 

物語的な文章か構造的な文章かの違いです。

こちらの解説については詳しく書いてあるノートがありましたので見てみてください。

 

ストーリーの文章、ストラクチャーの文章|横田大樹(よこたひろき)|note

 

まず文章の種類として、ストーリーの文章とストラクチャーの文章の2種類があります。

音声入力が向いているのはストーリーの文章です。

 

さらに、書き手として「ストーリーの文章が得意な人」と、「ストラクチャーの文章が得意な人」と2タイプあります。

 

タイピングと比べて音声入力によってブログが早く書けるのは、書く文章がストーリーの文章でかつ書き手がストーリーの文章を書くタイプの人間である場合。

 

このパターンに限って音声入力をすることによりブログを執筆する時間が早くなると考えます。

 

ボクの場合ですが、おそらく書き手のタイプとしてストラクチャーの文章を得意とするので、音声入力を使ってもタイピングで入力するのとさほど違いがありませんでした。

 

ストラクチャーの文章はどういう構造で書くか、どういう言葉選びをするかなど、何を書くかを思考する時間の方が長いと思います。

 

それを脳内で考えた後に出力としてタイピングもしくは音声入力でテキストに変換します。

そしてストラクチャーの文章は執筆している時間よりも、何を書くかを考えている時間の方が長いので出力する時間が短縮されたとしても全体の時間短縮にはなりません。

音声入力だと早くブログが書けると主張する人が語る内容は、「タイピングより音声入力の方がテキスト変換の速度が速い」、「音声入力の精度が高いから修正に時間が必要ない」などテキストに変換する作業の速度のことを言っています。

 

しかしストラクチャーな文章を書く場合は何を書くか考えている時間の方が長いので、書くものが決まってからテキストに起こす部分が多少速くなろうが本ほとんど執筆時間に影響はありません。

 

ボクの場合だとこんな感じ

  • 何を書くか考えてる時間3時間
  • タイピングしてる時間1時間

 

このタイピングしている時間1時間が音声入力によって45分ぐらいになったとしてそれほど差がありません。修正にかかる時間を含めるとほとんど同じ。

結局ブログ執筆にかかる時間を決めるのは何をどのように書くか思考する時間次第なので入力方法がタイピングだろうが音声だろうが関係ありません。

 

普段のブログの書き方で言えば、導入分から最後の締めまとめまで1連の流れとして書いているようなタイプの人は、ストーリーの文章を得意とするタイプなので音声入力が向いていると思います。

自分の脳内にあるものをそのままテキストとして吐き出すオピニオン系の記事とか。

 

逆に、先に全体の構成や見出しを考えて、構造的に考えてブログの文章を埋めていくタイプだと音声入力が向いていないと思います。

色々、データや資料をみてまとめたり、考察したり。

 

実際に、今音声で書いているのですが何を書いてるのかよくわからなくなっています。

これは後でパソコンで直す必要がありますね。

 

今後もし音声でブログを書くとしたら、少なくともその記事がストーリー型の文章を書ける時に限ります。

 

さらに、自分はおそらくストラクチャーの文章を書くタイプの人間なので、そのまま音声でまともな記事にはできません。

 

なので、文章を書く前に何を喋るかを大まかな構造を作り、ノートにまとめるなどしてそれを見ながら音声入力を進めるようになります。

話す台本を先につくっておく感じです。

 

今ラジオメディアのVoicyが人気になってきていますが、パーソナリティーさん達もストーリー的にそのまま自分の言葉で喋るタイプと、何を喋るか大枠の台本のようなものを決めて話しているタイプといると思います。

 

ボクは完全に後者です。

 

自分がもしVoicyのパーソナリティーをやるとしたら、「プレゼンなどで人前で話すとしたら?」と考えて話の大筋を台本にした状態で話します。

このやり方ならストラクチャータイプであってもなんとか音声入力で執筆ができると思います。

 

とは言っても、タイピングと同じように、言葉での入力を続けているうちに慣れてうまく文章が書けるようになるかもしれません。

 

実際にボクはタイミングタイピング自体もそれほど得意ではありませんので、普段タイピングするにあたって多少は使っている脳みそのメモリを使わなくていいと言うのはだいぶ楽です。

 

 

けんすうさんなんかは2,000文字の文章を音声入力5分パソコンでの修正アップ10分位でできているらしいです。すごいですね。

 

ボクの場合多分同じ位の文章量で音声入力20分、修正30分位はかかります。

音声入力と修正にかかる時間を短くしようとすると、音声入力を始める前に台本づくりに30分ぐらいかける必要があるので結局トータルでは早くなりませんね。

 

現時点ではただ音声入力(ストーリー的な文章)に慣れてないだけで練習すればできるようになるかもしれないのでしばらく続けてみたいと思います。

 

これで何記事か書いてみて、どうしてもうまくいかないようであれば、やはりストーリー的な文章が書けないタイプの人間ということで諦めるかもしれません。

 

いずれにせよ、タイピングと違って言葉で入力するのも結構面白いので一度やってみる価値はあります。

 

音声入力するのであればGoogleドキュメントお勧めします。

スマホで入力してもリアルタイムでパソコンのほうに同期されるので、手元のスマホで入力したものをパソコンの画面に表示されるようにもできますね。

同じシートを開いておけばいいだけです。

 

あと、GoogleドキュメントにBetter Word Countと言うアドオンを入れておけばパソコン画面の方でリアルタイムに文字数がカウントされるので、文字数を目安にしながらかけるので便利。

 

脳内だけでうまく文章の構成を組み立てられる人であれば、音声入力一発で決まりそうで羨ましいです。

 

ボクの場合はブレインダンプのように頭の中にある情報を構成ができていないまま全て吐き出してから、散らかった情報をパソコンで整理して記事の形に直すと言うやり方です。

 

情報はたくさん出してくれるけど構造的にいまいちな文章書いてくるライターさんの記事をリライトしてアップできる形に直すのに似てます。

外注ライターさんに執筆を依頼したことがある人はわかると思いますが、構成が出来てない記事の修正はめちゃくちゃ時間がかかるので「最初から自分で書いた方が早いじゃん」となる。そんな感じ。

今、自分でこの記事をPCで編集していて「こいつ文章の構成下手くそだな」って思ってびっくりしてます。

 

何が言いたいかよく分からない文章になっていると思いますが、自分が音声入力するとこんな感じになってしまうという記録として残します。